賃貸物件の排水管 水漏れを水道修理業者に依頼する場合

賃貸物件で排水管 水漏れが起きた場合は、管理責任者への報告以外にも、被害を抑えるための対処をしなければなりません。その際に応急処置以外で知識、工具を必要とする作業をする際には、専門業者を呼ぶ場合もあります。その際の選び方のポイントを紹介します。

■排水管 水漏れ時に慌てないために水道業者の情報収集は必要

排水管 水漏れが起きた場合、特に経験が少ない方だと冷静な対応が難しくなります。慌てて業者を呼んでしまうと、技術、接客が悪かったり高額な費用を請求されるなどのトラブルも起きかねません。
業者の情報はホームページで確認できるところが多く、料金体系や資格保持者、賃貸物件からの距離を確認できます。複数社候補を見つけてから、料金体系の見積もり依頼をすると良いでしょう。特に出張、見積もり無料と宣伝している所は、修理経験も相応にあるため、おおよその金額を提示してもらえます。自宅に来てもらい、見積もり料金を提示してもらえるところもあります。その際にたとえお断りしても問題はありません。
対面できる場合では担当スタッフの接客態度や服装などの表面的なチェックをすることができます。質問にも丁寧に答えてもらえるところでは、安心して任せることができます。

■排水管 水漏れ施工で水道修理業者を確認する場合

ホームページや見積もりからでも信頼できる水道修理業者を確認できますが、他にもポイントがいくつかあります。水道業者には、国土交通大臣から認可を受けた業者が存在します。そのようなところでは修理技術、サービスが相応に高いことが証明されているので安心して依頼できます。水道技術管理者をはじめとした、水道関連の資格保持者を確認できるところもポイントです。
広告などで施工費用を提示されていますが、部品の交換が必要な場合は別途材料費が発生するので注意が必要です。自治体指定工事業者であっても、自治体によって審査はまちまちであり講習を受けるのみで審査に通過するところもあります。そのため安易に依頼するのは注意が必要です。また、指定工事業者以外が排水管 水漏れ施工をする場合、内容によっては罰則の対象になることもあります。

■まとめ
排水管 水漏れが起きると慌てて水道業者に依頼することで、トラブルが起きる場合もあります。そのため、安さだけにとらわれず、内容を確認することが大切です。明確に料金体系や質問にわかりやすく答えてもらえるところを選ぶと安心です。管理責任者などから直接情報収集することもトラブルを防ぐポイントの一つです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ