賃貸物件で排水管の水漏れを防ぐための水道 修理・洗浄

賃貸物件で排水管の水漏れを防ぐために、洗浄作業を行なうのはおすすめです。自分で排水管クリーナーなどを用いて定期的な洗浄を行なうこと以外にも、水道 修理専門業者に作業を依頼してもらう方法もあります。賃貸物件で定期的な作業をしてもらえるところもありますが、その際の作業におけるポイントを紹介します。

■水道 修理専門業者の高圧洗浄は排水管の水漏れを防ぎます

水道 修理専門業者で高圧洗浄をメニューとして扱っているところも多数あります。エンジンを用いて水に圧力をかけていき、排水管の内側を洗浄していきます。つまりを抜く作業で使われることも多く、トーラーを使うよりも高い効果が見込めます。飲食店でも多くの需要がありますが、複数人の方が生活をしている賃貸物件でも、同じ排水管を使用しているため有効な方法です。内部洗浄も兼ねた効果があり、水回りの悪臭を防ぐことにも繋がります。
一方、トラックを使って作業を要するので、駐車スペースの問題があります。個人での依頼は難しく、管理責任者に依頼する必要があります。


■排水管水漏れを予防を兼ねて行なう洗浄

水道 修理業者に、排水管の水漏れメンテナンス、予防を兼ねて洗浄を依頼する場合もありますが、相応の費用がかかります。そのため、自分でする際のポイントを紹介します。
台所のシンク下の場合は、排水口の穴からパイプを通していき、汚れを落としていきます。排水ホース、カバーを外す場合は、ドライバーがあれば出来ます。パイプが入りにくい場合は、排水舛から入れていきます。1時間ほど洗浄すると、つまりが改善し、清潔な状態になります。洗濯機も毎日使用することで糸くずや洗剤がつまりやすいです。排水トラップの汚物を除去してから作業をすると概ね改善されます。洗面所の場合は、パイプが入らない場合もあるので、トラップホースを外し排水管の入り口まで分解する作業が必要です。風呂の場合は、カバー、ゴムホース、トラップを外します。そして穴周辺にある排水管にパイプを押し込んで作業します。パイプのの長さは20センチ以内のもので問題ありません。

■まとめ
賃貸物件では、排水管の水漏れを予防するために自分で洗浄作業することも大切であり、概ねホースがあれば出来る作業です。管理責任者が定期メンテナンスを兼ねて、業者に依頼している場合もあります。それぞれの方法はありますが、日頃から予防に努めることで衛生面でも清潔な状態が保つことに繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ