賃貸物件で排水管の水漏れ・つまりを水道 修理する場合

賃貸物件でも排水管の水漏れ、つまりは起こり得ます。この際、水道 修理業者に依頼する場合もありますが、応急処置や生活場面で必要な知識として得ていても損はありません。その点を踏まえて、自分で対応できる水道 修理を紹介します。

■排水管の水漏れ、つまりを水道 修理するためのマメ知識

排水管の水漏れが起きた際の水道 修理アイテムは、水漏れ専用テープがあり、ホームセンターでも取り扱われています。自己癒着タイプは、自然にくっつき耐久性も高いものが多いです。排水管からの水漏れに優れているのは、シリコンゴムでつくられているラップテープです。剥がした後も痕が付かないため、賃貸物件の補修の味方です。
つまりの場合は、排水管の中を洗浄剤で洗います。重曹を用いて40から50度の水を流すことでも、高い効果が得られます。大量に使用すると、排水管への負担が大きいため注意が必要です。特に台所は食べかすなどが溜まり詰まりを起こしやすいです。その場合は、排水トラップを外し、タオルを排水管の中に詰めて栓をします。シンクに8割程度70度のお湯を溜めてから栓を抜いて流します。熱湯になるとシンクを傷めてしまい、修理費用を請求されるので注意が必要です。

■排水管の水漏れ、つまりで水道 修理業者に依頼する場合

排水管の水漏れ、つまりを自分で行っても改善できない場合には、水道 修理業者に依頼する必要があります。配管にトラブルが生じている場合は、相応の技術、工具が必要となるので、自分ですることは避けた方が良いです。給湯器のある部屋の場合は、取り外し工事もします。床や壁が腐食している場合は、補修工事も必要です。それぞれで大掛かりな工事となる場合もあるので、管理責任者に相談してからの作業となります。
つまりの場合は、専用工具を用いて空気圧で押し込むこともあります。雑排水というトイレ以外から排出される生活用水を流す管を修理する場合は細いワイヤーを使って作業をします。雑排水を流す管の太さも5センチ程度で細いですが、力を調整しながらつまりを修理していきます。強いアルカリ性薬剤などを流す方法もありますが、管を傷めやすいので注意が必要です。

■まとめ
排水管の水漏れ、つまりを自分で修理する場合、ホームセンターで用具を揃え、設備を傷めずに作業をすることも可能です。軽いトラブルの場合、応急処置の範囲で使用する際には問題ありません。状態がひどい場合は、水道 修理業者に依頼することになります。部品交換や相応の技術、日数を伴う作業もあるので、管理責任者に相談をして下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ